中古車買取でお悩みならwocsocを見ろ!

中古車をどこに売ったらいいのか知ってますか?殆どの方がディーラーの下取りにだしますが、それは間違いです!中古車を最も高く売る方法は○○なんです。。。

カスタムカーの下取りについて

カスタムカーを下取りに出そうとしたとき、困ってしまうことがあるかもしれません。ここでは、カスタムカーの下取りについて詳しく見ていきます。カスタムカーや改造車を売却しようとすると、満足できるような買い取り価格まで辿り着くのには、それなりの時間と手間がかかってしまいます。アルミホイールを変えたり、非常に高い値のつく社外品パーツのエアロを組み込んだりなどのようにカスタムされた車は、実は一般的には高い評価を受けることができません。

基本的にはディーラーオプションではないもの、純正外ホイール・純正外エアクリーナー・社外マフラー・ダウンサスなどがあると、カスタムしていないものよりも査定の際の評価額が低くなってしまいがちです。またその他にも、パーツを装着するための穴を開けている場合や、フェンダーのツメ折りがなされている場合は、査定額からマイナスされてしまうこととなる可能性が考えられます。カスタムされた車は、業者によっては改造車として扱われ、マイナスされてしまうことも有り得ます。その大きな理由の1つは自分の好みに改造し過ぎてしまっているということです。

通常の場合、買い取りされた車は業者オークションなどへ出品された後、中古車販売店によって再販売されることがほとんどです。そして、その再販売されている中古の高級車やスポーツカーを購入しようとしているドライバーもまた同じように、自分の好きな車を自分の好きなようにカスタムすることを楽しみたいと考えているわけです。

ですから、中古車市場についても、社外パーツで固められたカスタム済みの中古車よりも、より通常のものに近く状態の良い中古車の方が人気の高い傾向があります。つまりは、たくさん費用をかけてどんどんカスタムをすればするほど、その車に対する需要が下がってしまうということです。そのため、買取の価格も低めに抑えられたものになってしまうのです。しかし、カスタムカーの査定額はどの買い取り業者に頼むかによってずいぶんと変わるものです。

こういったことが起こる理由としては、それぞれの会社が持っているポリシーや販売ルートなどの違いが挙げられます。そしてそれだけではなく、車種や売る時期、地域によってもばらつきが生じます。少々労力を使うことになってしまいますが、できるだけたくさんの買取業者に査定をしてもらった上で、その中で最も高い価値をつけてくれる業者を見つけることが、カスタムカーをなるべく高く売却するためには必要なことといえるでしょう。

一般的な買い取り業者がカスタムされた車を高い値段で買い取ることができないのは、買い取った車を直接販売するノウハウがないことやチューニングやドレスアップに関する知識の少なさが原因です。車検を通らないような改造車やチューニングカーでも買い取りを行う業者も多くありますので、いろいろなところを見比べてから業者を選択するのが良いといえるでしょう。

車買取、へこみの査定への影響は

車を処分する方法としては廃車、下取り、車買取の3つがありますが、廃車を直接選ぶ人はほぼなく、多くは新しい車を購入したさいに古い車を引き取ってもらう下取りに出すが、専門の買取店で買取ってもらうのがほとんどです。特に少しでも高値で処分したい場合には専門店に買取ってもらうのが良いといえます。下取りの場合はあくまでも古い車を引き取ってくれるというもので、査定価格もそれほど高くありません。特に新車のディーラーともなればその傾向が強くなります。

この理由としては、新車ディーラーは新車しか扱っていないので、下取りした車は転売されるためです。このためいくらで売れるかわからない車を高値で買うということはありません。一方で中古車を含めて車全般販売している業者であれば、車の市場価値がわかっているので高値で買取をしてくれます。特に専門店の場合には、中古車を多く集めようとしているので、高値での買取が期待できます。これらの車は自社の販売網で売られるか、オートオークションを通じて転売されて中古車販売店や海外に輸出されます。

車買取で気になるのが査定です。査定では、自動車の状態によって変化しますが、少し程度の傷であればそれほど影響はありません。しかし、へこみや損傷は査定に響いてきます。自動車の査定そのものは、現在ではスコアリング方式となっているので、その車の価値に対して減算していくことになります。このため出来れば修理をしておけば高く売れるのは間違いないのですが、残念ながら修理に掛かった費用を上回る査定額が出るとは限りません。また自動車の車種によってその査定額の影響が大きく変わってきます。

例えば5万から15万円程度の減額がされると課程した場合に修理が3万から5万円程度で出来ればプラスになりますが、10万円から20万円程度の修理となるとマイナスになる可能性があるためです。特に売却が予想される金額が100万円を超えていれば、十分に元が取れる可能性が高くなりますが、100万円以下では、修理費用の方が上回る可能性があります。このためわざわざ買取をしてもらうからといって修理に出すと返って手に入れられる現金が減る可能性があります。また部品でもバンパーはもともと傷つきやすい場所ですから、バンパーの修理は効果が低くなりますし、屋根はボディの中ではもっとも修理が難しい場所で費用が高額になります。

また過去に修理歴がない車の場合には多少のへこみであれば修理しないで車買取に出した方が高く売れる可能性があります。

車買取で詐欺にあわない方法はあるのか?

最近はインターネットの発達で被害は減りましたが、車買取を利用した詐欺被害にあわれる方がみえます。方法として査定額を高く見積もって車と関係書類を貰ったら、そのまま消息不明になるケースが多いです。最近は車買取の有名店と会社名を似せるなど手口が巧妙化していますので注意が必要になります。多くの詐欺業者は無名で会社規模が小さい場合が多くあり、逆にインターネットで検索すると悪評しか出てきませんので相手にしない方が無難です。またすぐに車を引き取りたがる会社も注意が必要になります。

この手の業者は事前に訪問時に車を引き取りますなど相手側に早急に対応する振りをして安心させる手法を使って来ます。ですが査定する前から車買取を約束するのは変な話ですので、すぐに車を渡すことはしない方が良い場合があります。同類の詐欺では今日中に査定したら即日に査定額を入金しますと言う会社や、今日の査定であれば査定額をアップしますなど甘い言葉で誘ってきます。車を引き取っても査定額の入金はされずに即日に音信不通になる場合もありますので注意が必要です。この事から査定に焦っている業者とは間を置くと被害を受けない場合も多くあります。

詐欺に会わない為の防衛策


もし、その場で車の引き取りを言われる場合は車検証は渡さない事が1つの防護策になります。インターネットを利用することで諸経費を節約して、その分を査定に還元する優良な車買取をしている業者が多い反面で、この利点を悪用する業者もいることを覚えておくと良いです。有名な業者の悪評と言うのはその分の接客をしていて文句が言いやすい環境であることから詐欺行為とは無関係になります。

この事から接客対応の問題ですから接客対応が悪い業者と付き合いたくない方は控えると良いです。接客以外の悪評が記載してある場合は取引に注意をする必要があって、査定額と車検証などの書類と引き換えにするなど方法をとる必要があります。大手や査定に自信がある業者では先に査定額を口座に振り込んで貰えるので入金後に書類を送付する方法があります。

先に書類を渡すと詐欺にあっても査定額の振込みをして貰える事は少ないです。相手に金銭や資財がない場合は支払い自体が出来ませんので結局は泣き寝入りすることになる事が多いです。車買取も交渉ごとですので一方的に話を聞かされても面白くないと思います。不愉快な取引に巻き込まれない様にご自身も慎重になって買取業者を見つけることも必要になります。