中古車買取でお悩みならwocsocを見ろ!

中古車をどこに売ったらいいのか知ってますか?殆どの方がディーラーの下取りにだしますが、それは間違いです!中古車を最も高く売る方法は○○なんです。。。

車買取、へこみの査定への影響は

車を処分する方法としては廃車、下取り、車買取の3つがありますが、廃車を直接選ぶ人はほぼなく、多くは新しい車を購入したさいに古い車を引き取ってもらう下取りに出すが、専門の買取店で買取ってもらうのがほとんどです。特に少しでも高値で処分したい場合には専門店に買取ってもらうのが良いといえます。下取りの場合はあくまでも古い車を引き取ってくれるというもので、査定価格もそれほど高くありません。特に新車のディーラーともなればその傾向が強くなります。

この理由としては、新車ディーラーは新車しか扱っていないので、下取りした車は転売されるためです。このためいくらで売れるかわからない車を高値で買うということはありません。一方で中古車を含めて車全般販売している業者であれば、車の市場価値がわかっているので高値で買取をしてくれます。特に専門店の場合には、中古車を多く集めようとしているので、高値での買取が期待できます。これらの車は自社の販売網で売られるか、オートオークションを通じて転売されて中古車販売店や海外に輸出されます。

車買取で気になるのが査定です。査定では、自動車の状態によって変化しますが、少し程度の傷であればそれほど影響はありません。しかし、へこみや損傷は査定に響いてきます。自動車の査定そのものは、現在ではスコアリング方式となっているので、その車の価値に対して減算していくことになります。このため出来れば修理をしておけば高く売れるのは間違いないのですが、残念ながら修理に掛かった費用を上回る査定額が出るとは限りません。また自動車の車種によってその査定額の影響が大きく変わってきます。

例えば5万から15万円程度の減額がされると課程した場合に修理が3万から5万円程度で出来ればプラスになりますが、10万円から20万円程度の修理となるとマイナスになる可能性があるためです。特に売却が予想される金額が100万円を超えていれば、十分に元が取れる可能性が高くなりますが、100万円以下では、修理費用の方が上回る可能性があります。このためわざわざ買取をしてもらうからといって修理に出すと返って手に入れられる現金が減る可能性があります。また部品でもバンパーはもともと傷つきやすい場所ですから、バンパーの修理は効果が低くなりますし、屋根はボディの中ではもっとも修理が難しい場所で費用が高額になります。

また過去に修理歴がない車の場合には多少のへこみであれば修理しないで車買取に出した方が高く売れる可能性があります。